会社概要

数あるホームページの中から川中子住建のホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。私どもは、「地域密着」をキーワードに30年以上、走り続けてきました。
今後も地域の皆様に必要とされる住まい作りのベストパートナーとして、皆様と共に歩んでいきたいと思っております。地域の皆様の笑顔が、私どもの最高の栄養剤です。
今後も地域の皆様の溢れんばかりの笑顔を見るために、「快適な住まい」づくりを行ってまいります。

有限会社川中子住建 代表取締役 上野賢治

会社概要

大きな地図を表示(本社自治医大店

会社名
有限会社川中子住建
代表者
代表取締役 上野賢治
設立
昭和61年4月19日
資本金
600万円
本社
〒329-0414 栃木県下野市小金井3009-73
tel. 0285-44-3333 fax. 0285-44-5683
自治医大店
〒329-0433 栃木県下野市緑1-4-4
tel. 0285-39-6327 fax. 0285-39-6328
事業内容
総合建築請負・設計・施工、一般新築住宅、特殊建築工事、福祉施設建築、住宅リフォーム、修繕・改修、公共工事、不動産業
従業員数
10名
許可登録
建築業許可番号/栃木県知事許可(般-29)第18126号
二級建築士事務所登録番号/栃木県知事登録(B)第3711号
宅建業免許番号/栃木県知事(2)第4894号
取引銀行
足利銀行・栃木銀行・足利小山信用金庫・常陽銀行・群馬銀行

スタッフ紹介

代表取締役 上野 賢治

代表取締役 上野 賢治

建築会社からスタートした当社ですが、現在は不動産事業にも取組んでいます。住まいを建てたいという方のために土地を探し、良い環境を提供したいという思いからです。そして目指すべきビジョンは、街づくり。下野市という私たちが愛する場所に環境をつくり、家を通して価値観、財産づくりをしていく。“ずっとここに住んでいたい”そう皆さんに思ってもらえることを目標に、日々の業務に取組んでいます。

専務取締役 上野 佳代子

専務取締役 上野 佳代子

経理や電話対応、お礼状の作成など一般事務を担当していますが、一番チカラを注いでいるのは、社員皆の健康管理です。一つの目標に皆が向かっているので、一体感の強い会社であると自負しています。だからこそ、社員一人ひとりの体調は気になります。毎日元気に笑顔で働けるように、母親のような存在として、ちょっとした変化にも気づけるように、毎日皆を見つめています。

取締役部長 江田 康則

取締役部長 江田 康則

主に営業から現場まで、全てを見ながら管理しています。
入社時から現在まで当社の変遷を間近で見ていますが、会社は今変わろうとしています。単純に業務内容を広げようというわけではなく、お客様の満足度を今よりも向上させるためです。そのためにも、組織化は必要です。人が人を育てながら、少しずつゆっくりと進んでいく。結果として棟数が増加し業績も向上することが理想です。営業も現場もスムーズに業務が進行できるよう、私は舵取りの立場をより強く意識していこうと思っています。

戸崎 修二

戸崎 修二

現場監督を務めています。この仕事に対し常に心がけていることは、完成度。キャリアを積めば積むほど、さまざまな業務に対しての対処方法がノウハウとして 蓄積されています。その培ってきた能力を最大限に活かしながら、ミスを少なく滞り無く完遂することを目指しています。今後の目標は、より多彩な現場を担当 して行きたいですね。木造住宅、RC住宅、そして小規模から大規模まで経験したいと思っています。

高瀬 幸一

高瀬 幸一

会社が大きくなって行くためには、事業計画、経営計画が必要です。
代表が考える将来のビジョンに対し、具体的な動きや指針をまとめることが私のメイン業務。
そして社員の皆には、そのビジョンに対して実際にどのように行動に移していけばいいのかを具体的に伝えています。代表と社員の間の潤滑油になることが私の役目です。

上野 豊和

上野 豊和

この仕事の楽しさは、日々変化していること。住まいをつくるというゴールは同じでも、住まいへの夢や希望は施主様によって違います。その思いを実現する業 務は毎日違うので、決して飽きることはありません。また、技術はもちろんのこと、床材や壁紙など建築材料は日々進化し続けています。時には私よりお客様の 方が新しい情報をご存知の場合もありますので、日々の勉強は欠かすことができません。大変ですが、やりがいになっています。

杉浦 徹

杉浦 徹

現在は営業ですが、それまでは現場を担当していました。まだ営業のプロフェッショナルとは言い難いですが、私には一つ強みがあります。それは、弊社の詳細 な仕様や優れているポイントを的確にお話しすることができること。自由設計の良さも含め、実際に現場に出ていた時に培った知識や情報を、説得力を持ってお 客様にご紹介できるからです。今後はさらに、ご予算に合わせたより良い提案をし、お客様の満足度を高める努力をしていきたいと考えています。

野澤 佑貴

野澤 佑貴

主に契約書の作成やチラシの企画・制作を行いながら、営業部のアシスタントをしています。私が仕事上で心がけているのは、お客様に正確な情報を提供すること。書面だけに頼らず、実際に現場に足を運び自分の目で確認するようにしています。そうすることで、お客様に説明する言葉にリアリティが増します。トラブルも回避でき、何よりお客様に笑顔でお引渡しができるからです。今後は営業、現場監督など全体を深く学びながら、全てを任せてもらえるような知識とチカラを身につけていきたいと思っています。

朴 潤沢

朴 潤沢

今は先輩社員と一緒に現場に行きながら仕事を学んでいます。もともと人と話すことが好きで、毎日様々な業種の方や職人さんともお会いすることが出来る現場はとても楽しいです。何より先日はじめてお引渡しの現場に立ち会った際に、お客様の喜ぶ笑顔を見たときには、これからもこの笑顔をもっとたくさん見たい。そして、もっと多くの方に川中子住建良さを知ってもらいたい。川中子住建がつくる家で素敵な生活を送っていただくために、まず私は現場を知り、お客様に喜んでいただける提案をしていきます。

山口里子

山口里子

営業部のアシスタント業務を行いながら、チラシやパンフレット、月刊で発行している「かわなご通信」の編集を担当しています。営業担当とは違い、私は直接 お客様と接する機会はそれほど多くありません。その代わり当社の良さや魅力を制作物で伝えることができるので、販促物の企画制作はとても大切にしていま す。これからは、取得している色彩検定の資格を活かしながら、より専門性を高めていきたいと思っています。


Copyright© 2015 川中子住建 All Rights Reserved.